八重山COLORS

八重山諸島の、見たり聞いたり録。と、オリジナルグッズ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹富島 彌勒奉安殿

ミルクさまの家
子孫繁栄、五穀豊穣の神様、ミルクさま。
竹富島のミルクさまは、他の島のような行列はありません。
種子取祭の舞台奉納の時にだけ、お目見えします。
いつもは世持御嶽のここ「彌勒奉安殿」で、静かに控えておられます。
彌勒奉安殿


外部リンク:竹富島ゆがふ館ブログ「ミルク神」
スポンサーサイト

竹富島 種子取祭

種子取祭 庭
2012年、今年の種取祭、奉納芸能は11月25日、26日ですよ〜。

竹富島 2011年 種子取祭

竹富島の種子取祭(たねどりさい タナドゥイ)は、竹富島最大の祭りです。
最もミドコロとなる奉納芸能、今年2011年は、12月1、2日ですよ。 

世乞い(ユークイ) 竹富島 種子取祭(たねどりさい タナドゥイ)

今年もまた、竹富島の一番熱い季節がやってきます。
旧暦の9,10月中の甲申(きのえさる)の日から甲午(きのえうま)の日までの10日間にわたって、行われる種子取祭。
最も盛り上がりを見せる奉納芸能の2日間は、今年2009年は10月12日と13日です。
細かい日程表はNPOたきどぅんのブログをご覧ください。
過去の種子取祭の画像ですが、ご紹介。
たねどり 夜1
世持御嶽で昼の奉納芸能(庭の芸能舞台芸能)が行われた後、夕刻からは世乞い(ユークイ)が始まります。
神様に仕える神司(カンツカサ)を先頭に、翌朝まで各々の家を回って祈祷する。
この時、神司の前には神様が歩いておられるので、神司の前を歩いてはいけません。
たねどり 夜2
子供たちの健康を祈って胴上げ。

竹富島 種子取祭 奉納芸能

踊
あでやか。種子取祭の奉納芸能は、国の重要無形民族文化財に指定されています。

竹富島 種子取祭 舞台袖

舞台袖
種子取祭の奉納芸能の舞台袖の景色です。
準備完了、素敵です、がんばって。

竹富島 種子取祭 庭の芸能

庭
種子取祭(たねどりさい)はその名のとおり、五穀豊穣を祈る祭りです。
「庭の芸能」の中でもこれは「祝い種子取---クイチャ踊り」。
衣装の自然な風合いや素朴な色が、芝の緑と青空と太陽の光に映えます。おしゃれ。

竹富島 種子取祭 舞台袖

衣装
奉納芸能の衣装はどれも見応えがあります。これはマミドーの衣装でしょうか。マミドーは「働き者の女性」のこと。個人的には、こういった「庶民風」の、素敵です。
舞台袖の袖。。。緊張の余韻が漂った静けさもいい。

竹富島 種子取祭 供え物

供物
種子取祭の世乞い(ユークイ)の夜、高那旅館の床の間です。
供え物は、ニンニク、盛り塩、お米、泡盛、左には写っていませんが、島ダコも。

竹富島 種子取祭 高那旅館のシーサー

高那シーサー
八重山の祭事行事は、ほとんどが旧暦。
竹富島最大のお祭り種子取祭(たねどりさい)は、毎年10月頃に行われます。
この日は、半年以上前でないと島内の宿泊施設の予約はできないくらいの人気のお祭りで、
高那旅館のシーサーも、こんなふうに気合いを入れます。

ニーラン石

ニーラン石
竹富島の西の浜にニーラン石があります。
昔、ニーランという神様が種子袋を持って船でここへやって来たそうで、今も神様を迎え入れるべく「世迎え」(ユンカイ)が、毎年旧暦の8月8日にここで行われています。
向こうに見えるのが小浜島、その向こうのシルエットは西表島。神様を迎え入れるにふさわしい、穏やかな浜です。

Top

HOME

colorfuldesk

Author:colorfuldesk
沖縄本島から470km南。日本最南端の八重山諸島。

画像は、地元の方々などのご協力で撮影できたものです。
画像、イラスト、ロゴマークの無断転載を固く禁じます。著作権は、全てカラフルデスクに帰属します。

過去の画像ダイジェスト版。
・FAVORITE vol.1
・FAVORITE vol.2


竹富島「南西観光}
竹富島港出発のグラスボートです。
サンゴの森をのぞいてみよう!





南ぬ島石垣空港にて
八重山COLORSグッズ好評販売中です。





東北三陸漁業復興支援チャリティープロジェクト

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。