八重山COLORS

八重山諸島の、見たり聞いたり録。と、オリジナルグッズ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹富島のもずく

竹富島もずく
竹富島産もずくです。竹富島かりゆし館で好評販売中。
八重山のどの島でも、収穫→塩漬けの作業に追われる季節がやってきました。
20分ほど塩抜きして、おろしニンニクと甘酢でたっぷり食べちゃってください。
あとはお味噌汁の具や、かき揚げも美味です。
スポンサーサイト

竹富島 シーサーのガーゼタオル

竹富島のシーサーガーゼタオル
竹富島のリピーターさんはすでにご周知の、大人気のシーサー柄のガーゼタオルです。
港待合所のてぇどぅんかりゆし館で販売しています。
竹富島に住んでいる実在のシーサーたちが散りばめられています。
ここでしか手に入らない限定タオルです。

ガーゼタオルといえど、巷にいろいろありますが、
このタオルは、裏がタオルで表がガーゼ。
ふわふわで心地よく、吸水力が抜群。
これからの季節、首に巻いて暑い夏を乗り切ってください。

NPOたきどぅんで通販も対応してくれます。

てぇどぅん かりゆし館

かりゆし館陸から
竹富港の港待合所てぇどぅんかりゆし館です。
港に着いたら、もしくは船を待つ時間に、ちょっとお店を覗いてみてください。
ここでしか買えない、竹富島の限定オリジナルグッズ八重山COLORSの商品がお待ちしています。

竹富島 オリジナルクリアファイル

竹クリアファイル
竹富島の港待合所、かりゆし館で販売のNPOたきどぅんオリジナルクリアファイルです。出たぁ〜!

左は竹富島っぽさ満載の直球ストレートな「赤瓦の家」
右は竹富島に棲んでいるシーサーたちを可愛く散りばめ♥ 竹富島でしか売ってません。
ピンが甘くてすみません。じっくり見たい方は竹富島にGO!
NPOたきどぅんに問い合わせれば買える と思います。

竹富島 ヤミカゴ 

ヤミカゴ
竹富島 てぇどぅんかりゆし館で販売の「ヤミカゴ」
怪しげな名前ですが「中が見えないように編んだカゴ」という意味なんだそうです。
タコノキ を材料に泥染めの葉を織り交ぜた 島人手作り品 です。

本来ヤミカゴはクロツグアダンの葉を使用していたそうですが
これは葉にトゲのないタコノキの葉を使っています。

竹富島の文化継承を目的としたNPOたきどぅんでは、民具作り教室 を開催しています
ヤミカゴの製作の様子はこちら
ご購入もNPOたきどぅんにお問い合わせください。
手作り品なので、その時によって大きめのものや小さめのものがあります。


竹富島カイダー字Tシャツ

takeT1
竹富島に数多く遺された文化遺産を継承する役割を担う「NPOたきどぅん」のオリジナルTシャツのお知らせです。
島に伝承する象形文字、カイダー字のTシャツ第三弾がこの夏デビューしました。好評です。
薄手の霜降りTシャツ3カラー。濃いめのブラウンのプリント。
薄手だけど、何度洗っても首周りが伸びたりしない縫製になっています。
じゃんじゃん着倒してください。これは前面。
takeT2
こちらは背面。前面とは異なったカイダー字が。
プリント部分がコワコワしない「染み込みプリント」なので洗い重ねるうちに
ヴィンテージっぽい「馴染み」が出てきます。
takeT3takeT4
左が前面。上から船、牛蒡、蛸、牝牛、米六俵、醤油、牝馬、冬瓜、豚、粟、芋、雄鶏、菜
右が背面。上から南瓜、九(数字)、竹、肺、葱、大根、山羊、薪、家、布、魚、秤、豆
と、生活に密着したことばたち。
主に人頭税の時代に八重山一帯で使われていた象形文字です。
takeT5
こんなかわいいチュニックも!
画像では白に見えますが、ベージュの霜降りで同じくブラウンのプリントです。
お問い合わせは竹富島の港待合所かりゆし館内「NPOたきどぅん」まで 

竹富島かりゆし館 ミニチュアシーサー

沼田シーサー1
竹富島の港待合所、てぇどぅんかりゆし館で一番の人気商品、シーサーのミニチュア。
竹富島で実在するシーサーをとても忠実に再現、手作りしたものです。
沼田シーサー2
大小2つの大きさがあります。
上の画像は小さめ、これは大きめの方。種類は他にもあります。
沼田シーサー3
そのシーサーの屋号のカードもオマケにつけてもらえます。
全種類揃えるリピーターさんもおられるとか。

港のかりゆし館でお気に入りのシーサーを見つけてから
集落内で本物を探してみるも良し、
本物を鑑賞してから、帰りにかりゆし館で買うも良し。

詳細はこちら
島で買いそびれた方は、送ってもらえます。

今日は独り暮らしを初めて早1年余の、息子の誕生日です。
さだまさしの唄
♪元気でいるか?街には慣れたか?友達できたか?
寂しかないか?お金はあるか?今度いつ帰る~?♪
って、まんまですわ。
ケーキ一緒に食べたくても遠いなぁ。。。
メールくらい入れておこう。

竹富島かりゆし館 シーサースタンプセット

シーサースタンプセット
竹富島の港待合所のてぇどぅんかりゆし館で販売中のシーサースタンプセットです。
上勢頭屋と泉屋と阿佐伊屋シーサーのトリオです。
もっと大きいサイズの単品売りもあります。
布に紙に木に、押しちゃってください。

お問い合わせはこちらです。

竹富島MAP

竹富島MAP
表面は集落の地図、裏は全島図。見所イラスト付です。
島人たちでしっかりチェックされた地図だから
リピーターでも知らなかった道の名前、うたきの名前、浜の名前などが書き記されています。
水に濡れても破れない紙を使っているので、島でスコールにあっても大丈夫。
ポスターとしてもちょうどいい大きさです。
竹富島の歴史を守る、遺産管理型NPO法人たきどぅんが作りました。
島に着いたら、港待合所のかりゆし館ゆがふ館で地図を買って、じっくり歩いてみませんか?

竹富島CD「竹富の風」(たきどぅんのかじ)

CD
竹富島のあの歌「安里屋ゆんた」、わらべうた、祭りの歌など全17曲が収録されたCD「竹富の風」。
中でも個人的にオススメなのは、仲筋集落(ナージ)の仲良し3人おばぁが歌う「鞠つき歌」。
ちょっと恥ずかしそう、でもとても楽しそうな歌声が大好きです。
こんな可愛らしいおばぁになりたい!
NPOたきどぅんプロデュース。竹富島かりゆし館ゆがふ館で販売中です。
こちらから購入も可。

このジャケットは、竹富島の魅力を凝縮した、金斗鉉氏の素敵な絵画です。
金斗鉉氏の挿絵が彩るゆがふ館HPはこちら。

「うつぐみのこころ」とは「皆で協力することこそが全てにまさる」という竹富島の助け合いの言葉です。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

竹富島ゆがふ館スタッフのTくんからコメント頂きました。
個人的な私の文章より詳しく正しいので、追記させて頂きます。


静かに打ち寄せる穏やかな波の音。
島の神々に芸能を奉納する種子取祭での舞台、
「鍛冶工狂言」を観る島人たちの笑い声。
盛夏のさなか、陽もやや西に傾きかけた頃、
集落に響きわたる「豊年祭の道歌」の歌声。
そしてドラと太鼓の音。
やがてどこからともなくかかるガーリの掛け声。
エンディングには、
定期船が去った後、集落の外れから聞こえる
さまざまな“風”たち。

『竹富の風Ⅰ』には、
うたの合間にも竹富島のとても些細な、
しかし、島人のとても大切な「音」が散りばめられています。
島人に謡い継がれてきた様々な“うた”と、
これらを育んできた竹富島の雰囲気。
全17曲の“うた”とともに竹富島を表現しています。

是非とも
都会の喧騒から少し離れるつもりで、
少し部屋の明かりを落とし、
目をとじて、
ヘッドホンから流れるとても些細な、
しかし、竹富島を育んできた大切な世界を
堪能していただきたいと思います。

ゆがふ館スタッフ

-------------------------------------------------------------------------
Thanks!

竹富島の「さたくんこう」

さたくんこう
脂っぽくなくて、クッキー感覚で食べやすい小粒なのが「たけこおばぁ」の作る「さたくんこう」の魅力。
港待合所、かりゆし館の人気商品です。

美味しくて日持ちも良いさーたーあんだぎー(さとうてんぷら)は子供も大人もみんな大好き。
石垣島や本島では「さーたーあんだぎー」と呼びますが
竹富島の島言葉では「さたくんこう」と呼びます。
さた(黒糖)くんこう(小さくて丸くてかたい)。
フクギなどの植物のまだ小さな種も「くんこう」と呼ぶそうです。
確かにドーナッツのようにフワフワしたものではなくて歯ごたえがあります。

「さーたーあんだぎー」も「さたくんこう」も、家庭の味。
どこのおかあさんも手作りするのですが、初心者ママはなかなか上手に揚がりません。
コツがあるんですね。
まずは「たけこおばぁのさたくんこう」を食べて研究してから作ってみましょうか。


ぐし(泡盛)

ぐし
こちらも竹富島のオリジナルの泡盛「ぐし」です。
竹富島言葉で泡盛のことを「ぐし」と言います。
飲みごたえのある30度!米焼酎です。
お問い合わせはこちら

Top|Next »

HOME

colorfuldesk

Author:colorfuldesk
沖縄本島から470km南。日本最南端の八重山諸島。

画像は、地元の方々などのご協力で撮影できたものです。
画像、イラスト、ロゴマークの無断転載を固く禁じます。著作権は、全てカラフルデスクに帰属します。

過去の画像ダイジェスト版。
・FAVORITE vol.1
・FAVORITE vol.2


竹富島「南西観光}
竹富島港出発のグラスボートです。
サンゴの森をのぞいてみよう!





南ぬ島石垣空港にて
八重山COLORSグッズ好評販売中です。





東北三陸漁業復興支援チャリティープロジェクト

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。