八重山COLORS

八重山諸島の、見たり聞いたり録。と、オリジナルグッズ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西表島 早朝

カニの残骸
西表島の早朝の道路は、鳥たちが獲物を奪い合う光景をよく見かけます。
スポンサーサイト

カタツムリbaby on 月桃の葉

カタツムリbaby
月桃の葉は、生き物のステージ。

リュウキュウイノシシ

イノシシ2
西表島のイノシシはリュウキュウイノシシといって、大きくても50kgくらいの小ぶりなイノシシです。
毎年11月15日から翌年2月15日までの間、イノシシ猟が解禁になります。
この子は、ペットなのか?明日の食材なのか???
今は初夏だからペット、という事で。。
イノシシ3
ドナドナ。。

西表島のイトトンボ

イトトンボ
トンボって細いからピント合わせづらく、なお警戒心強いからなかなかうまく撮れない。
私の実力ではオオシオカラが関の山なのか、いや、やればできる、いつかきっと!
と西表探索のリベンジは、終わりがないのです。

生き物写真家さんは、こんなイトトンボも正面から表情まで撮ったりするからホントにすごい。
この子だって、こんなに美しい瞳なのだから正面顔を拝みたかった。。悔

これはアオモンイトトンボなのか??それにしては小柄なような。。
いくら調べてもちょっとこのアンダーな画像では、特定できず。。
でも、かわいい。
大自然が持つ包容力は心地いいんです。ほんとに。

ヨツメオサゾウムシ

ヨツメオサゾウムシ1
1cmほどの小さなヨツメオサゾウムシ。ピンボケですが。。
月桃の葉を食べます。
わ!ゾウみたいだっ! と言ったら、、
ヨツメオサゾウムシ2
照れて頭をポリポリ?
体の側面両側に2つずつ斑点があるからヨツメなのです。

エビイロカメムシ

エビイロカメムシ1
またまたカメムシ。西表島
レアなわけではないんですが三角頭がキリッとステキで
ススキの葉の汁を吸っていました。
エビイロカメムシ2
エビ色が美しかったです。

過去のカメムシ
アシブトヘリカメムシ
ナナホシキンカメムシ
ミヤコキンカメムシ
コマダラナガカメムシ
特定できない赤いナガカメムシ

コマダラナガカメムシ

コマダラナガカメムシ
赤いカメムシ続きます
こちらはコマダラナガカメムシに間違いなさそう。西表島です。
かなりハイセンスなオートバックスカラーです。
昨日の竹富島のナガカメムシ、似てるけど違う。。

オカヤドカリbaby

グンバイとオカヤドカリ
オカヤドカリbabyにとっては、グンバイヒルガオの葉っぱでも、険しいアスレチックコースです。
ほっと一息の図。

あともっと小さい子  とか  物想う子  とか  お洒落な子  とか  渋めに撮れた子  とか。たまらん可愛さ。
初めての出逢いはこの子たちでした。
これくらい大きくなっておくれ。

タイワンウチワヤンマ

タイワンウチワヤンマ
台湾団扇蜻蜒 漢字で書くとイメージ変わりますね。
お腹の後方の突起物が名前の由来なんだそうです。
♂です。只今、縄張りを警備中。

キイロヒトリモドキ

キイロヒトリモドキ
蝶のように花の蜜を吸う、夜行性のガの仲間、キイロヒトリモドキ。
幼虫はガジュマルやイヌビワやオオイタビの葉を食べるんだから、正真正銘沖縄っ子だね。

サキシマキノボリトカゲ2

キノボリトカゲ2012
近づいても、隠れたつもりのサキシマキノボリトカゲ、微動だにしない。
色だけでなく質感まで木と同じ。素晴らしい!そして何より可愛い。

サキシマキノボリトカゲ1はこちら

マダラコオロギ幼虫2

マダラコオロギ2
また見つけた。マダラコオロギの幼虫。
触覚が1本もげてる。
成虫のマダラ模様にはまだ会えない。

マダラコオロギ1はこちら

Top|Next »

HOME

colorfuldesk

Author:colorfuldesk
沖縄本島から470km南。日本最南端の八重山諸島。

画像は、地元の方々などのご協力で撮影できたものです。
画像、イラスト、ロゴマークの無断転載を固く禁じます。著作権は、全てカラフルデスクに帰属します。

過去の画像ダイジェスト版。
・FAVORITE vol.1
・FAVORITE vol.2


竹富島「南西観光}
竹富島港出発のグラスボートです。
サンゴの森をのぞいてみよう!





南ぬ島石垣空港にて
八重山COLORSグッズ好評販売中です。





東北三陸漁業復興支援チャリティープロジェクト

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。