FC2ブログ

八重山COLORS

八重山諸島の、見たり聞いたり録。と、オリジナルグッズ。

オカヤドカリ

オカヤドカリ1
寒さに弱く、亜熱帯でしか暮らせないけど陸で生きる事ができるオカヤドカリ。太い足はたたむ時にきれいにRを合わせて気持ちよくまとまるので、メカっぽくて面白い。大きな瞳がキョロキョロ動く。
これは竹富島ですが、他の島でも海岸で静かにしていると、出て来てくれます。かなり心揺れます。
オカヤドカリ2
こちらオカヤドカリBABY。あっちもこっちもカサコソカサコソ、たくさんいます。こういう時は一歩ずつ慎重に歩かなければ。

竹富島

海から
サンゴ礁が隆起してできた竹富島は平らな島。山がないので川がありません。

タコの木

タコの木
タコの木。アダンの親戚
アダンはこちら(西表 小浜 竹富

現役。赤ポスト

赤ポスト
竹富島、貴宝院前の赤ポストは今も現役。むこうに見えるのは新田観光のあかばなさん。

テリハザンショウ

トゲ
垂直立ちのトゲってタラの木くらいしか知らなかった。これは不明植物。誰か教えて。どんな花が咲くんでしょう。
------------------------------------------------
先日、上原のもりうみ荘のオーナーさんに、この子の名前を教えていただきました。
その名も「テリハザンショウ」。柑橘系の植物で蝶に好まれるそうで、なかなか大きくなった姿はお目にかかれないみたいです。オーナーのみゆきちゃん、ありがとうございました。

長寿の島で若返るシーサー

あさいS1
1)4~5年前。眉やおひげに白いものがちらほら。
あさいS2
2)ある日、ギブス?を着用。ムチウチですか!?お大事に。
あさいS3
3)若返った上、かなり男臭く変身。スリムだった体に筋肉が!
もしやあなたが「ベンジャミン・バトン」のブラピ??

ヤエヤマアオガエル

ヤエヤマアオ
暗い所にいたので黒くなっていますが、普段は葉っぱと同じ緑色のヤエヤマアオガエル。
Cさんのお庭の住人。私、この子にめろめろ、ハートを打ち抜かれています。クワズイモなどの葉が定位置。ペッタリとくっついて丸くなって眠る。手に乗せるとまるで赤ん坊のような柔らかさ、眠そうな目もかわいい。胸キュンキュン。

ヤエヤマアオ裏
西表島の港には、カエルのツボカビ症を上陸させないために消毒マットが敷かれています。必ずしっかり踏んで島に入りましょ。
西表にカエルがいなくなれば、イリオモテヤマネコも食料不足、生態系が崩れてしまいます。あ、ヤマネコに食べられるのかぁ。。切ないなぁ。切ないよ。。

丸八レンタサイクルのシーサー

丸八S2
ボールに八の字だから、丸八さんのシーサーだと記憶してます。富士額!
八重山のシーサーと赤瓦は台風で欠けてしまう事も多く、修復もしばしば。
このシーサーは古いみたいで、あまり目立たないレア物。元々シーサーは、赤瓦の破片で作られていたそうなので、直線的な体つきを見ると、これはそうなんじゃないかと。。
丸八S1
腰がぬけているように見えるのは、修復のせいかも。腰ぬけながらも精一杯渾身の力で威嚇。まだまだ若いもんには負けられません。あきらめないシーサー。

じゅーしーかまぼこ

じゅーしーかまぼこ
石垣島、金城かまぼこ店さんのじゅーしーかまぼこ。じゅーしーとは沖縄の炊き込みご飯です。
このじゅーしーのおにぎりを、かまぼこ(薩摩揚げのような、魚のすり身で作ったもの)で包んで丸ごと揚げたものが「じゅーしーかまぼこ」。
香ばしくて腹持ちもよく、角の取れたまぁるい三角おにぎりの形がなんとも暖かみあるFastFood。おにぎりがウエットスーツを着込んだような、弾力のあるブリン!としたたくましい感じも楽しい。初めて西表島でごちそうになった時は、感激のあまり2個も平らげました。誰もがなじみのある家庭的な味なので、苦手な人はまずいないと思います。
果汁とは全く無関係のじゅーしーですが、頭のどこかで果汁のイメージが残像で残るだけに、食べるたびにどこか愉快。
石垣空港でも売っていますが、海をながめながらガッツリほおばりたい一品。飲み物はもちろん、さんぴん茶で。おいしいさー。
キッチュな水色のプリント袋も内容とピッタリ合っています。
じゅーしーかまぼこ、いつの世までもこのままで。

ガジュマルの根

ガジュマルの根
ドックン、ドックン。見ているだけで血圧上がりそう。「ンブフルの丘」のガジュマルの根っこ。
ンブフルとは牛のいななき声。一夜で丘を作り上げた牛が「ンブフル、ンブフル」と鳴いたという昔話から命名された丘。
初めて聞いた時、八重山のシリトリはエンドレス!驚いた。でもよく考えると、ンで始まる言葉はないと決めつけていた自分の頭の固さに気付く。
だからきっと根っこにも血は流れるんだ。
ガジュマル1
岩まで飲み込むおつもり?
でもよく見ると、ガジュマルの根っこにハブカズラが絡み付いて。今後の闘いが見所。

« Prev|Top

HOME

colorfuldesk

Author:colorfuldesk
沖縄本島から470km南。日本最南端の八重山諸島。

画像は、地元の方々などのご協力で撮影できたものです。
画像、イラスト、ロゴマークの無断転載を固く禁じます。著作権は、全てカラフルデスクに帰属します。

過去の画像ダイジェスト版。
・FAVORITE vol.1
・FAVORITE vol.2


竹富島「南西観光}
竹富島港出発のグラスボートです。
サンゴの森をのぞいてみよう!





南ぬ島石垣空港にて
八重山COLORSグッズ好評販売中です。





東北三陸漁業復興支援チャリティープロジェクト

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー