八重山COLORS

八重山諸島の、見たり聞いたり録。と、オリジナルグッズ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マングローブの森

森一望
大富林道から仲間川とマングローブを一望
こういう景色は、頭の掃除。空っぽにしてリセット。
スポンサーサイト

ノニ(ヤエヤマアオキ)

ノニ
花と実の途中。蟻がついてます。ノニの葉は濃い緑でつややか。

長命草2

長命草2
つぼみ。

長命草

長命草
竹富島ゆがふ館周囲の長命草。人にやさしい草です。色もいい。

山羊BABY

山羊BABY
翼のような耳!

ギンネム

ギンネム実
帰化植物。「米軍が持って来たギンネム」と思っていたら、「大正時代に台湾から薪の代用品として持ってきた」植物なんだそうです。
ギンネム
生長が早く、土を選ばないので、在来種を脅かすギンネム。八重山の各地で見られる。

水牛BABY

水牛BABY
ん???と思ってしまう、ちょっと意外な印象の「水牛BABY IN 由布島」 
子牛とはまるで別人。耳のせいかな。
水牛BABY1
そういえば水牛って、動物園でも見た事ない。

ハブカズラ

ハブカズラ
ハブカズラはツルがハブのように木を這い上がる。観葉植物でおなじみのポトスの仲間なんだそうで。絡まれる木は結構な負担。。

ぱーらー願寿屋さんのシーサー

願寿屋s
兄弟シーサー。個性派です。
願寿屋s2
こちらは弟分。似ているけど、ちょっと違う。

モンパノキ

モンパノキ
竹富島ではシュイキと呼ばれるビロードの葉の木。これはアイヤル浜だったと思います。この時、白い砂と葉の縁の白が同化、夕暮れのちょっと不思議な光を浴びてかなり感動して撮った一枚でした。

パパイヤ

パパイヤ雌花
パパイヤの雌株はしっかりと幹についた大きな花。おしべが珊瑚のよう。小さな結実もみずみずしい。
パパイヤ実
雌花は結局こうなります。こんな立派なのがあっちこっちに自生。青いパパイヤはパパイヤチャンプルーで。
パパイヤ雄
雄株。細長い枝がひゅんひゅん伸びて小さな花がたくさん。

ヒカゲヘゴ

ヒカゲヘゴ9
前にも紹介したヒカゲヘゴの続編。葉裏から。
ヒカゲヘゴ8
小さな植物と競えるディテール。
単純にシダを拡大したってだけじゃない、造形美。
ヒカゲヘゴ7
マングローブの森を見下ろすヒカゲヘゴ

Top|Next »

HOME

colorfuldesk

Author:colorfuldesk
沖縄本島から470km南。日本最南端の八重山諸島。

画像は、地元の方々などのご協力で撮影できたものです。
画像、イラスト、ロゴマークの無断転載を固く禁じます。著作権は、全てカラフルデスクに帰属します。

過去の画像ダイジェスト版。
・FAVORITE vol.1
・FAVORITE vol.2


竹富島「南西観光}
竹富島港出発のグラスボートです。
サンゴの森をのぞいてみよう!





南ぬ島石垣空港にて
八重山COLORSグッズ好評販売中です。





東北三陸漁業復興支援チャリティープロジェクト

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。