八重山COLORS

八重山諸島の、見たり聞いたり録。と、オリジナルグッズ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆光のシダ

逆光のシダ
「とても西表的美」。BGMはアカショウビンとサンコウチョウの鳴き声。
同じ場所に座っていても、光の動きでふとこんな瞬間を見つける事ができる。
ヤマネコ、いないかなぁ。
スポンサーサイト

サカキカズラ

サカキカズラ
サカキカズラの実。
ひとつの長さが12cmくらいでしょうか、涙型の実がブーメランのように2つ対になって、シャープな印象。この実はやがてはじけて、鳥の羽根のような種が森の中を舞うそうです。
今はサガリバナの季節だけど、それが終わっても、西表島の植物は次々と幻想的な演出を見せてくれる。

ツルアダンの実

ツルアダン実
川辺のツルアダンの実。トウモロコシ風。タフな生き方をしているのに、種も多い。
生存競争を勝ち抜くには、ここまでのノウハウが必要なんだな。
種をささえるたくましい茎に、その強い根性を見る。

オヒルギ林

オヒルギ実1
オヒルギの実
NHKの教育番組で帽子被った工作おじさん「ノッポさん」っていましたよね。そんな感じ。
オヒルギ林
今季、豊作みたいです。鈴なりです。川にもたくさんプカプカ浮いてました。
オヒルギ林
ずーっと続くオヒルギ林。満潮なのでタコ足は水の中に隠れています。
干潮はこちら

西表島 後良川(しいらがわ)A.M.6;00

しいら川1
西表島西部の後良川 夜明けとともに出かける。
この朝を境に、今まで夜型を貫いて疑問も持たなかった自分と決別。
しいら川2
画像を見るたびに「今すぐ行きたくなる衝動」を押さえる。。
朝の川って本当におもしろい。リフレッシュってこういう事だ、童心ってこういう事だ。

その後、何十年の習慣はなかなか手強いものがありまして、
やはり夜型ですが、ココロは早朝の森なのです。。。

サガリバナ 西表島

サガリバナ
「夜咲いて、夜明けとともに散って行く一夜花」 昭和歌謡みたいに「魅せ方」をわきまえたサガリバナ。
そんな妖艶な西表島のスター、そろそろ出番です。

日本最大級の蝶 オオゴマダラ 

オオゴマダラ
同じくバンナ蝶園で、念願のオオゴマダラを撮る。大きな蝶です。女王さま級。
竹富島では「ふーしゅふーしゅカビラ」と呼ばれて、島のわらべうたにも残っています。
「ふーしゅ」は 大きい、「カビラ」は 蝶 の意味です。かわいい名前。
よく見ると花びらにしがみついて吸っている。。大きいからね。。笑

ふわりふわりとのんびり飛ぶ様子もオオゴマダラのひとつの特長ですが、
これは幼虫の時にホウライカガミなど毒のある食草をとることで体内に毒を溜め込み、成虫になっても消えない毒の効果で、天敵の鳥を怖れる事なく「余裕のよっちゃん」で暮らせるから といわれています。「食えるもんなら食ってみなはれ~」。
長い間、目の前を飛ばれながらも撮れなかった私にすれば、鳥の気持ち理解できますわ。
計画は余裕を生む。生き方のひとつのお手本。
オオゴマダラサナギ
有名な黄金のサナギ。羽化が近づくと黒っぽくなるみたいです。
ツマムラサキマダラのメタリックを見てしまうと、これは「黄色」なんじゃないかと思ってしまうけれど。
オオゴマダラ幼虫
こちらは幼虫。女王さまは幼い頃から派手なのですね。
「将来のために我慢して」食べているのか、単に「美味しいから」食べているのか。。

ツマムラサキマダラと銀色メタリックサナギ

動体視力が劣悪で、瞬発力もない私は、弱った蝶しか撮ることができないのかと半ばあきらめていましたが、望めよさらば与えられん。
八重山に棲む蝶が一堂に集まる、石垣島バンナ公園内の蝶園がありました!
ツマムラサキマダラ
このツマムラサキマダラ、地味ですが、羽根を広げると青紫色がちらちらと美しい。
蜜を吸っている間は目立たない方が安全だという事なんだそうですが、サナギは派手↓↓↓
ツマムラサキマダラ蛹
ターミネーターのような銀色の蛹!見ている自分の姿が映るほどのピカピカ。
すっかり冷静さを欠いてしまい、ピンボケ。。。あぁぁ
どうしてメタリックなんでしょう。鳥が金属と間違えて「食べられない」と思うから?
鳥って「動く光もの」が苦手でしたよね、田んぼでよく見る鳥よけのメタリックテープ。そういう事?
周囲の色がうつりこんで、木陰なら環境に同化してしまうのかも。
ともあれ、虫嫌いの女性も間違えてピアスにしてしまいそうな美しさです。

ボランティアで蝶を守られているYさん、ひどい方向音痴の私をナビしてくださったOKさん、ありがとうございました。

ハマユウ 浜木綿

ハマユウ1
海辺の花ハマユウ。宮崎県の県花なんだそうですが、八重山でもよく見かけます。
潮風に強いんでしょうね。種は波に浮いて運ばれるとか。
この日、何気なくファインダーを覗いてビックリ!超きれい。幻想的。
ハマユウ2
身近な花ももう一度ちゃんと見よう。

ブーゲンビリア

ブーゲンビリア
おなじみブーゲンビリア。マゼンダが美しい。
最近、カニやオカヤドカリに心奪われているせいか、本当の花の部分がどうも彼等の眼に見えてしまって。目が合っちゃった とか思うんですよね。
Wikipediaによると「ブーゲンビリアという名前は1768年にブラジルで木を見つけたフランス人の探検家ブーガンヴィルに由来する」んだそうで。
私が今後そんなふうに見つけた場合、カラフルデスカリア?おー、なんかゴージャス。

石垣島 新空港予定地

新空港予定地
OKさんと一緒に石垣島の新空港の予定地に立ち寄りました。6月10日の画像です。
事務所があって、こんなふうに誰でも見れるようになっていました。
離島桟橋まで結構距離があります。
新空港現場
広い。このロケーションが180°いっぱいなので、実際はもっともっと広く感じました。
完成の暁には、八重山はちょっとムードが変わるんでしょうか。

石垣島 トラベラーズカフェ朔

朔カフェ
石垣島でほっと一息なお店、カレーとアジアンスイーツのお店「朔」さん。
かなりのバックパッカーだったオーナーさん、旅する人の「居心地」を心得ておられます。
私、週替わりのランチの画像を載せるつもりが、すっかり忘れて速攻で食べてしまった!!
とても美味しかったです。。。なので食後のコーヒーを。
朔ビール
生ビールのこれ、いいねー。 
朔マーク
どのお料理もとても丁寧です。全メニューを制覇したい。
クローズアップしすぎ、これじゃお店の雰囲気がわからないやん。。。。
反省点は次回の課題。。気になる方はお店に直接出かけてください。素敵なお店ですよ。

Top|Next »

HOME

colorfuldesk

Author:colorfuldesk
沖縄本島から470km南。日本最南端の八重山諸島。

画像は、地元の方々などのご協力で撮影できたものです。
画像、イラスト、ロゴマークの無断転載を固く禁じます。著作権は、全てカラフルデスクに帰属します。

過去の画像ダイジェスト版。
・FAVORITE vol.1
・FAVORITE vol.2


竹富島「南西観光}
竹富島港出発のグラスボートです。
サンゴの森をのぞいてみよう!





南ぬ島石垣空港にて
八重山COLORSグッズ好評販売中です。





東北三陸漁業復興支援チャリティープロジェクト

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。