FC2ブログ

八重山COLORS

八重山諸島の、見たり聞いたり録。と、オリジナルグッズ。

ウラジロアカメガシワ

不明花2
西表島、上原近くの畑脇で見つけたウラジロアカメガシワ。
フェルトのような、すはま団子のような暖かさのある不思議な魅力です。
不明花1
全体像。

パッションフルーツ

パッションフルーツ
赤く完熟するのを待って、種ごと食べる甘酸っぱいパッションフルーツ。
西表の農園にて。和名クダモノトケイソウというだけあって時計のような花です。
花はこちら

ミニマンゴー

ミニマンゴー
西表島産のアップルマンゴーは美味しくて定評がありますが、
これは、もりうみ荘近くの県道沿いの無人販売所で買ったミニマンゴー。
小さくて島外に出荷するほどではないけど「味は立派なアップルマンゴー」という代物です。
画像は2~3個食べたあとなので一盛16~17個。これでたったの500円はうれしいよね~。
完熟ジューシーでめちゃうま!


困るシーサー

イナシャーシーサー
シーサーだってたじろぐ事もあります。あいらしーさー。 

小浜島 海人(うみんちゅ)公園のマンタ展望台

マンタ1
小浜島 細崎(くばざき)の海人公園は漁港に隣接しています。
展望台の屋根はマンタです。
今は数が減ったようですが、小浜と西表の間のヨナラ水道のシンボルはやはりマンタなのです。
マンタ2
今日もマンタは海人の航海の安全と豊漁を見守っています。

小浜島 ハーリー密着2010 part5

若者エイサー
全てのレースがおわり、
ハーリーを取り仕切った4人の若者達のエイサーです。
力強い迫力!できたらもう一度見たいほどの感動でした。
彼等は細崎の海人としても本気で動き始めています。ブログはこちら
細崎の将来は明るいさー!
景品山羊
優勝チームには山羊、贈呈。
祈る兄
今年も無事にハーリーを終えられた事に感謝。
船の後ろ姿
そして梅雨明けも間近です。

小浜島 ハーリー密着2010 part4

ハーリー男性レース3
そしてハーリーもいよいよ佳境に。
主役はやはり力のある男衆。
ハーリー男性レース2
力強いスピード!男らしいさー!
ハーリー男性レース
人魚も驚く迫力!
ゴール
そして、拍手と歓声のゴール。これがハーリーのミドコロ。うるっ

小浜島 ハーリー密着2010 part3

ハーリー子供レース
子供たちもレースに参加。
自分の手で漕ぐ感覚って生涯忘れないよね、きっと。
ハーリー女性レース
女性たちも軽やかに笑顔でスタート。
ハーリー女性レース2
だがしかし、旗をターンして残り半分!かなりキツそう・・・

小浜島 ハーリー密着2010 part2

小浜ハーリー旗
大漁旗のもと、ハーリーの始まりです。
ハーリー司会
司会アナウンスは海人の若手ホープ「細崎の人」
レース開始
東と西の対戦です
小学生エイサー
途中、幼稚園や小学生のエイサーなども観られます。決まった!

小浜島 ハーリー密着2010 part1

線香
海人の集落、細崎(くばざき)。
ハーリー(海神祭)は。海人が豊漁と安全を祈願するお祭りです。
旧暦の5月4日、今年は6月15日でした。

早朝、すべての始まりは女性たちの祈りから。
沖縄のお線香、平御香。
供え物
お供えは、手作りで。
祈る竜宮
↑こちらは、竜宮(海)の神様の拝所。
山の神
↑小径を挟んで山側には土地の神様の拝所。

細崎は大和嫁(内地からのお嫁さん)が多く、みんな家族のように助け合って暮らしています。
遠方から嫁いでも、同じ経験を持つご近所がいれば、心強いね。
オマケに、美人揃い!

小浜島のサバニ

小浜のサバニ
こちらは小浜島のサバニ。楽しくてカラフル。
今年は小浜のハーリー(海神祭)にどっぷりお邪魔しました。
コースは東集落と西集落の2つ。

コモンヤドカリ 小浜の干潟

コモンヤドカリ1
干潟はとにかくおもしろい。
小浜島細崎の比嘉荘前のビーチでコモンヤドカリ発見。
八重山でヤドカリといえば圧倒的にオカヤドカリを目にすることが多いけど
海の中にはこんな個性派も。
コモンヤドカリ2
ヤドカリは貝を持つと慌てて脱出しようとして体を見せてくれる。確かに小紋柄。

船浮 イダの浜

イダの浜
船浮の名所、イダの浜
静かで、美しい浜です。できれば誰にも教えたくないような、夢のような。
ここに来てカメラのカードが満杯。
撮ってくれるなというメッセージとも思えますがケータイ撮。拝。

これは、端っこの岩場ですが、
ちょっと前までは、ここの住人はこの岩場で火葬されていたそうです。
スターウォーズのクワイ・ガンの火葬シーンのように、「そのまんま」の火葬だったようです。
人それぞれ色々考え方があるだろうけど、
こんな美しい場所で海と空に迎えられながら逝くって、とても真な還り方に思え。
波の音しか聞こえない静寂。合掌。

白浜港のサバニ

ハーリー前日
白浜の若者たちが明日のハーリーにむけて、櫂の回し方を練習しています
サバニの舳先にはドラゴン
白浜サバニ4
こちらはマグロ
白浜サバニ2
こちらは海鳥。あとトビウオもありましたが撮りそこない。。。

白浜港 ハーリー(海神祭)前日

白浜サバニ1
こちらは西表西部、白浜港のサバニです。
この日は明日のハーリー(海神祭)の前日で、リハーサル中。
沖にある旗を回って岸までのレースです。白浜は4コース。
白浜ハーリー旗
旗も立てられ、
ハーリーの練習
日が沈むと車のヘッドライトを頼りに踊りの練習が遅くまで続けられ
白浜の集落が活気付いてきました。

船浮のサバニ

船浮サバニ
船浮の港近くに置いていたサバニです。

サバニの歴史は琉球王朝の頃かららしく、
機能的に洗練されたフォルムに四角い帆を張り、
沖縄の漁業と物流を担って来た歴史があります。
近年、エンジンの普及で急速にサバニ本来の機能が損なわれて来ましたが、
沖縄の漁港では、サバニのレースが毎年盛大に行われています。

Top

HOME

colorfuldesk

Author:colorfuldesk
沖縄本島から470km南。日本最南端の八重山諸島。

画像は、地元の方々などのご協力で撮影できたものです。
画像、イラスト、ロゴマークの無断転載を固く禁じます。著作権は、全てカラフルデスクに帰属します。

過去の画像ダイジェスト版。
・FAVORITE vol.1
・FAVORITE vol.2


竹富島「南西観光}
竹富島港出発のグラスボートです。
サンゴの森をのぞいてみよう!





南ぬ島石垣空港にて
八重山COLORSグッズ好評販売中です。





東北三陸漁業復興支援チャリティープロジェクト

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー