八重山COLORS

八重山諸島の、見たり聞いたり録。と、オリジナルグッズ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サキシマキノボリトカゲ

キノボリトカゲ1
会いたいなぁ と思っていたら、目の前にポトンと落ちて来てくれたサキシマキノボリトカゲ。かわいいなぁ。
ひどく慌てる私に反して、結構じっとしてくれている。
なのにピンボケってばどーゆー事?!情けないねぇ。。。
キノボリトカゲ2
「もう撮り終わった?」とばかりにこちらを伺う。
目が合うと、ハート打ち抜かれ、取り乱し、結局またもっとピンボケ。
キノボリトカゲ3
今度はもっとちゃんと撮るからね。っていつも思ってる。だからやめられないんだ。
スポンサーサイト

コンドイビーチの青と碧

コンドイ2011_2
八重山でも一番人気の「青い海、白い砂」で超有名なコンドイビーチ。
ジリジリと陽射しハンパないけど、だからこそ、ここまで青い、碧い。
広い空の開放感。雲がおりなすアートが満喫できます。
コンドイ2011_3
竹富島には他にもアイヤル浜やカイジ浜などいい感じの浜がありますが、
安全に泳げる浜をビーチと呼んで他の浜と差別化しようというので、ここは「コンドイビーチ」。超遠浅。
右手に見えますのが石垣島、画面右端に小さく見えるのが竹富島の夕日の名所、西桟橋でございま~す。。
コンドイ2011_4
左手に見えますのが小浜島、その背後が西表島でございま~す。
青いパラソルはビーチでレンタルできます。真夏です。

カバマダラ

カバマダラ1
西表島 カバマダラ。
スジグロカバマダラかと思ったらスジの黒がないですね。
3体群れています。
スジグロもカバマダラもとても撮影しやすい蝶で、近づいてもあまり逃げないのでありがたや。
カバマダラ2
スジグロは越冬時に大量に群れていて度肝ぬかれましたが、
カバマダラも群れるみたいですね。これは4体かな?
ハエのように飛んでおりました。

ミヤコキンカメムシ 

ナナホシキンカメ竹富
竹富島。ミヤコキンカメムシ。
ナナホシキンカメより小ぶり。 ミヤコキンカメムシ。八重山ではナナホシの方が断然多いそうです。

バリケン

バリケン1
西表島、黒牛放牧地内の池の端に奇妙なアヒルたち?発見。なんとも不思議。
大阪の通天閣に鎮座するのは「ビリケン」
神戸の波止場は「メリケン」
髪刈るのは「バリカン」
で、この子は「バリケン」というんだそうで。。素敵な舶来っぽい名前ですね~
こちらのサイトで判明したのですが、どうやら沖縄や八重山は関係ないみたいです。
なぜか気になる存在。私もバリコレに投稿しよう。
バリケン2
10羽以上いたみたいですが、ここでは殆どが黒服を着た白い子。
でも後ろにモヒカンな霜降りとか赤毛の子も見えますね。
気になる、気になる。

泡波

泡波
泡盛ファンにはたまりませんな~。「泡波」一升瓶。
波照間産の泡盛ですが、生産数が少ないためなかなか手に入らない「幻の泡盛」です。
一升瓶ならなおさら。手に入らないとなるとなおさら呑みたくなりますねぇ。
他の泡盛よりトゲのないやわらかい感じ。呑みやすかったです。
ラベルのデザインもキッチュで素敵です。

この泡波の後ろに「おっさんになってしまったキジムナー」がおりまして、
夜ごとガジュマルから抜け出して泡盛をくらっておりますそうな。
見える人には幸福が訪れるのか???
おっさんなので無理ですな。。残念~!

サガリバナ2011

サガリバナ2011_1
夜が明けてしまった林道で、
クワズイモの大きな葉の上にボトリと落ちた音でサガリバナの存在に気付く。
深い緑の上で美しさも格別。
他に誰もいなくて、これを贅沢といわず何と言おう。
サガリバナ2011_2
上を見上げると、ありました。
まだなんとか下がっているサガリバナ。
今年も見る事ができて、なんともうれしい。
まだたくさん蕾がありますね。

アオムネスジタマムシ と本土のタマムシ2種

アオムネスジタマムシ2
竹富島の薮で見つけた愛らしい昆虫。後で調べてみるとアオムネスジタマムシ。
なるほど、そう言われればタマムシの形状。
触覚触角が1本ちぎれている。いろいろあったんでしょうね。。
この子にそっくりなアヤムネスジタマムシというのも存在するらしいのですが
モモタマナの葉っぱについているのでアオムネなんじゃないかと思うのです。。
アオムネスジタマムシ3
今どき流行の霜降りカラー、都会的でクールな素材感。なかなか上級なお洒落だわ。
いわゆるメジャーなタマムシ↓はヤマトタマムシと言うんだそうで、基本形は同じだけど瞳大きくて愛嬌があります。
波形の足はヤマトの尖った足とちがいますね。太いし吸盤でもついてるんかな。
アオムネスジタマムシ1
かわいいのでもう一枚。
このモモタマナの葉、この子一人で食べたんでしょうかね。
ヤマトタマムシ
こちらは以前mixiに載せた「玉虫厨子」のヤマトタマムシの亡骸。
昨年10月に岐阜県のベランダで発見したのですが未だ捨てられず、
我がPCのたもとで輝いています。
この輝きは八重山のナナホシキンカメと同様に、鳥が嫌うツールなんだそうですが、
それを思うとアオムネの「もげた触覚触角」がつらいじゃない。
ウバタマムシ
oochanブログクローズUP撮影日記のブログオーナーwakasamaさんから送って頂いた画像です。
ウバタマムシという、ヤマトと同じく内地のタマムシなんだそうです。渋いですね~。信州産ですかね?
タマムシのヘビメタ?或は粋な絣を着こなした姐さんのようでもあり。
タマムシのファッションは三者三様、皆さんなかなか大したもんです。
私は↑のヤマトでさえ昨年初めての出会いだったので
こんなレアなタマムシは知りませんでした。
Special thanks wakasamaさん。

比嘉荘レシピ グルクン稚魚の素揚げ

グルクンの稚魚素揚げ
小浜島の細崎(くばざき)は海人(うみんちゅ)の集落。
沖縄を旅する人はグルクンの唐揚げを食べる方が多いと思いますが
今日はこれ。グルクンの稚魚の素揚げです。
海人の若者たちが穫って来てくれた旬の魚を
小浜島の民宿「比嘉荘」の女将、けいちゃんがさらっと作ってくれたのですが、
これが美味いのよ~~~~~!!
1)丼にご飯をよそって
2)ゴーヤ、タマネギ、ニンジン、レタスなどの薄切りを水に放ちシャキっとさせたものを盛り、
3)その上から素揚げをタップリのせ
4)青ジソドレッシング または ポン酢 をかける。
彩りも美しく、夏のカンタン食欲レシピですわっ。
カリカリの食感で生野菜が進む、進む。サラダのトッピングにもいいよねっ。
感動でイナバウアー気味の私でした。

画像があればいいんですが、気付けば半分以上平らげておりまして。。。
ヤマトでグルクンの稚魚など手に入らないとお嘆きのあなた!
「かえりちりめん」という ちりめんじゃこより大きめの小魚でかなり近いものになりましたよっ。
小魚の多いこの時期に是非お試しを。
けいちゃん、ごちそうさまです。

リーボック
3ヶ月前から始めた一日一時間ウォーキング。
かなりいいのよ、このスニーカー。
比嘉荘のけいちゃんもオソロでゲット。思わずツーショット記念撮影。

遊しびdeブランチ

遊しびブランチ
西表島の西部大富、古民家の素泊まり宿「遊しび」にて。
すっかり朝寝坊して気がつくと夜がうっすら明けていて!
大慌てで何も食べずに自転車で大富林道に出かけました。
汗だくで戻って来てからのブランチがこれ。
Cさんからの赤米おにぎりとゴーヤのおかず、月桃の葉にハート打ち抜かれ。
Nさんからのお花とジーマミ豆腐、
オーナーからはミントたっぷりのハーブティー、キンキンに冷えてます。
おっと、お箸がなかった と慌てるも
小浜のけいちゃんから持たされた沖縄のお箸。

縁側の風、しみるなぁ~
旅の間は「飢えない程度で充分」と思っていたら
こんな贅沢なブランチ。
どれも美味しくて。ごちそうさまでした!

リュウキュウバライチゴ(オオバライチゴ)

リュウキュウバライチゴ2
西表島、山地の路傍に咲くのはおそらくリュウキュウバライチゴ。
1~5月頃に開花するらしいですが、今、7月。。でも多分まちがいないと思います。
大輪の野バラのようであり、薄くはかない花びらがいかにも木いちご風。
甘くて美味しい実ができるみたいです。
リュウキュウバライチゴ1
スコールの後、みずみずしい表情。

ヤエヤマカラスアゲハ

ヤエヤマカラスアゲハ2
しばらくぶりのUPです。
一週間ほど八重山に浸っておりまして、
今どきいただけないほど日焼けした「小麦色の野生なおばさん」となってしまいました。。

西表島の大富林道にほど近い山道で遭遇したヤエヤマカラスアゲハ。
かなり大きな蝶で、宇宙を思わせるような幻想的な輝きです。
八重山のカラスアゲハは日本産の亜種なんだそうですが
近年ヤエヤマカラスアゲハとして特定されたんだとか。
ヤエヤマカラスアゲハ1
堂々たる風格。美しい。
蝶はなかなかうまく撮れないけれど
たまにこの子のように物怖じしない子に遭遇できたりするもんだから
素人でも楽しくてやめられない。
かなり近づいても「どこからでも撮ってちょ~だい」とばかり平気なのだ。
呑気なのか、優雅なのか、体調悪いのか、私を敵だと思ってないのか。
この種は石垣島でも見かけました。

Top

HOME

colorfuldesk

Author:colorfuldesk
沖縄本島から470km南。日本最南端の八重山諸島。

画像は、地元の方々などのご協力で撮影できたものです。
画像、イラスト、ロゴマークの無断転載を固く禁じます。著作権は、全てカラフルデスクに帰属します。

過去の画像ダイジェスト版。
・FAVORITE vol.1
・FAVORITE vol.2


竹富島「南西観光}
竹富島港出発のグラスボートです。
サンゴの森をのぞいてみよう!





南ぬ島石垣空港にて
八重山COLORSグッズ好評販売中です。





東北三陸漁業復興支援チャリティープロジェクト

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。