八重山COLORS

八重山諸島の、見たり聞いたり録。と、オリジナルグッズ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西表西部 スーパー川満

スーパー川満
西表島、素泊まり宿の旅行者の味方、スーパー川満!
西部の上原港の目の前です。

朝7時から夜9時までと営業時間も長く、生活用品全般を取り扱う他に
旅行者のためのちょっとしたお土産物も。
スポンサーサイト

クロボシセセリ

クロボシセセリ1
ヤシを食草にするクロボシセセリ。朝日を浴びる。
クロボシセセリ2
もともとは外来種、40年ほど前から八重山に定着したようです。

松竹荘のシーサー2

松竹シーサー2
松竹荘の屋根のシーサー。なんか良いのよね、この二人。
一日くだらないおしゃべりしてそうで、楽しそう。
同じシーサーでも、撮り方によって随分表情が違って見えますね。
こちらはたくましく威嚇して写ってます。同じ子ですよ。

タテハモドキ

タテハモドキ
八重山の蝶を撮って調べていると、どの種も温暖化でどんどん北上しているのが実感できます。
このタテハモドキも西表島で見かけたのですが
近年は本来いなかった南九州でも定着しつつあるそうです。

目玉模様くっきりと。

竹富島 2011年 種子取祭

竹富島の種子取祭(たねどりさい タナドゥイ)は、竹富島最大の祭りです。
最もミドコロとなる奉納芸能、今年2011年は、12月1、2日ですよ。 

竹富島 グラスボート by南西観光

グラスボート1
竹富島を含む石垣島、西表島間の海域は「石西礁湖 せきせいしょうこ」と呼ばれ
400種を越えるサンゴの生息地として西表石垣国立公園に指定されています。
特に竹富島の海には、サンゴが元気に育つための最適な環境があります。

その日の天候や潮の加減で見え方が違いますが
これから冬に向けて、晴れた日はいい状態で見えるはずです。
私が見た時は3種類のクマノミが元気に泳いでいました。

くじらのグラスボート
竹富島の港からグラスボートが出ていて、美しいサンゴや魚が見られますよ。
これが一番大きな「くじらのグラスボート」

グラスボート2
特に修学旅行などの団体旅行には是非オススメです。
朝8:15から夕16:15まで、悪天候と種子取祭以外は年中無休。
予約は 090-3797-7881 南西観光(株)までどうぞ。

1973年からスタートしたグラスボートは、スタッフもベテラン揃いです。
予約をしてなくても、席が空いていれば乗れるので、一度聞いてみてください。

オキナワアズチグモ

オキナワアズチグモ1
ギンネムの花の影で、吸蜜にやって来る蝶や蜂を狙うオキナワアズチグモ。
多分♀
オキナワアズチグモ2
瞳がロボコップのようで怪しげ。

Top

HOME

colorfuldesk

Author:colorfuldesk
沖縄本島から470km南。日本最南端の八重山諸島。

画像は、地元の方々などのご協力で撮影できたものです。
画像、イラスト、ロゴマークの無断転載を固く禁じます。著作権は、全てカラフルデスクに帰属します。

過去の画像ダイジェスト版。
・FAVORITE vol.1
・FAVORITE vol.2


竹富島「南西観光}
竹富島港出発のグラスボートです。
サンゴの森をのぞいてみよう!





南ぬ島石垣空港にて
八重山COLORSグッズ好評販売中です。





東北三陸漁業復興支援チャリティープロジェクト

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。