八重山COLORS

八重山諸島の、見たり聞いたり録。と、オリジナルグッズ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄時間

西表時計
西表島 港待合所内の時計です。
3分ほど遅れてます。
船に乗り遅れる人、いないんかなぁ。

貼り紙も時を経て色褪せ気味。
良くも悪くも、沖縄時間。
こんな港があってもいいじゃないかぁ。
スポンサーサイト

ハイビスカス 原種

ハイビスカス原種2
八重山はハイビスカスがたくさん。
生垣にされているお家も少なくありません。
霜が降りないからすくすくと育ちます。
ハイビスカスの原種です。見分け方は、、
ハイビスカス原種1
葉っぱが赤いんです。

もてなしのハイビスカス
コーラルハイビスカス 
ハイビスカスティー

こぼし文庫のシーサー

こぼし文庫シーサー
もちろん竹富島。こぼし文庫の上にシーサーがいました。
建物にばかり目が行って、気付かなかったなぁ。ちょいと小ぶりなかわいい子。

サギが翔んだ日

サギ翔ぶ
小浜島の朝、カモメじゃなくて、サギです。
こういう絵を見ると渡辺真知子を口ずさんでしまう私は〇〇世代。

放牧場の牛たちについて歩くアマサギじゃないかと思います。良い姿で翔ぶのですね〜。
2009年1月からスタートしたブログも4年半、70,000アクセス突破に感謝です。
牛歩ですが末永くよろしくお願いします。

♪ ハぁ〜バぁ〜ライトが、朝日に変わるぅ〜 ♪

キキョウラン ユリ科

キキョウラン2
西表島に自生する小さな野の花、キキョウラン。
遠くからはわかりにくいですが
紫色の実!未熟な黄緑の実、どちらも透明感があってみずみずしく、まるで宝石のような美。
実は小豆くらいの大きさです。
キキョウラン1
葉っぱの感じはランのようですが、ユリ科の植物。

パッションフルーツ開花

石パッションフルーツ1
パッションフルーツの花が咲いてます
何度見ても「作為的すぎるんとちゃう?」と思ってしまうデザインです。
「さりげない」という言葉はパッションフルーツの辞書にはないのです。(まわりくどいわ)
まっこと不思議花。
石パッションフルーツ2
ハナムグリやらケムシやら、いろんな生き物が受粉に訪れます。
石パッションフルーツ
こちらは、明日咲きそうです。
爪のように開く姿は、ツボミとは思えぬ存在感。
カタツムリ、そこにいるとつぶされちゃうかもよ〜

SPECIAL THANK YOU

SPECIAL THANK YOU
誰が書いたのか不明ですが 小浜島の青い空と青い海には
ほんとに SPECIAL THANK YOU です。

オリオンビール びあぶれいく 4月号の中に。

オリオン2
沖縄と言えばオリオンビール、オリオンビールといえば沖縄。
そのオリオンビール発行のフリーペーパー「BEER BREAK」今月号は石垣島特集です!
で、
オリオン1
ちょっとわかりにくいですが、左上の記事、、
↓↓↓拡大します〜
オリオン3
八重山COLORSのミンサースタンプが掲載されましたっ!
こちらのWEBにも!(ずーっとスクロールしてくださいませ)
お目にとまり光栄です。ありがとうございました。

外部リンク オリオンびあぶれいく

島土産 de 八重山COLORS in 石垣島新空港

島土産
石垣島の新空港内に 八重山COLORS のグッズがデビューしています。
ステージ横あたりです。

Tシャツ(子供用もあります)
ストラップ
てぬぐい
ガラスのアクセサリー
ヤラボで作ったグッズ
シーサーのデコパージュ石鹸
ミンサースタンプ
タオル
ポストカードなどなど。
ここでしか手に入らないものも盛りだくさんですよっ。
島土産看板
目印はこの青い看板です。

商品のお問い合わせは、
このブログ左のメールフォームで受け付けますので
よろしくお願いいたしますm(__)m
空港グッズ

石垣島に多数。。オオヒキガエル

オオヒキガエル2
石垣島 巨大なオオヒキガエルに遭遇!!
耳の後ろに 毒液を出すコブ があります。住宅地にもかなり繁殖している様子です。。
もともとサトウキビ畑の害虫駆除として持ち込まれて増殖。
黒島のクジャクといい、人間って生き物は、自然とどうつきあって行きたいんでしょう。。

国際自然保護連合がリストアップした「世界の侵略的外来種ワースト100」にもランクイン! という強者なんだそうです。。
でも、駆除って言われても、こんな大きいのを潰す勇気はありません。。追い払うのが精一杯です。。

オオヒキガエルが生きることに罪はないのだけど、
黒島で キノボリトカゲ や カナヘビ が クジャクによって激減したように
石垣島の小さな生き物たちが食べられてしまうかも。。
それにしても、しっかりした体つきだぁ。

八重山の侵略的外来種! という意味でアフリカマイマイもね。

外部リンク
国立環境研究所「侵入生物データベース」オオヒキガエル
世界の侵略的外来種ワースト100

警告!オオヒキガエル

オオヒキガエル
西表野生生物保護センターで、警告ポスターがありました。
すでに石垣島で定着しているオオヒキガエル、
西表島で見かけたら、西表野生生物保護センターに連絡してください との事です。

オオヒキガエル---------------------------
皮膚から毒液を分泌し(触った場合はよく手を洗いましょう)動くものはなんでも捕食する悪食で、増殖力が極めて旺盛なため、西表島で繁殖してしまうと西表島独自の生態系に取り返しのつかない悪影響を及ぼしてしまいます
-----------------------------------------

サキシママダラがこの毒カエルを呑み込む途中で死んでしまったらしいです。
ならば「カエル大好物」の イリオモテヤマネコ や カンムリワシ が捕食したらどうなるの。。ヤバいです。
何気なくこの画像を撮って来たのですが、その後石垣島で出会ってしまいました。

カエルと言えばツボカビを島に入れないための消毒マットが港に敷かれていますが、
在来種の小さなカエルたちの危機的状況?

ソテツ2 雌花のツボミと雄花

ソテツ雌花3
ソテツの雌花の蕾。
もう少し成長するとこんなふうになるみたいです。
若い葉が美しいです。
ソテツ雄花
ソテツの雄花
裸子植物だそうですが、なるほど巨大マツボックリのよう。

80〜90年ほど前の恐慌で、食料の乏しかった沖縄では、
毒性の強い植物と知りつつも、種子や茎のでんぷんを得るために
水に晒して発酵させるなどの工程を経て食用としていましたが
解毒不十分による中毒死もかなりあったようです。
沖縄の辛い時代を見てきた植物なんですね。

Top|Next »

HOME

colorfuldesk

Author:colorfuldesk
沖縄本島から470km南。日本最南端の八重山諸島。

画像は、地元の方々などのご協力で撮影できたものです。
画像、イラスト、ロゴマークの無断転載を固く禁じます。著作権は、全てカラフルデスクに帰属します。

過去の画像ダイジェスト版。
・FAVORITE vol.1
・FAVORITE vol.2


竹富島「南西観光}
竹富島港出発のグラスボートです。
サンゴの森をのぞいてみよう!





南ぬ島石垣空港にて
八重山COLORSグッズ好評販売中です。





東北三陸漁業復興支援チャリティープロジェクト

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。