八重山COLORS

八重山諸島の、見たり聞いたり録。と、オリジナルグッズ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぱいーぐる in ユーグレナモール

ぱいーぐるinユーグレナ
石垣島、公設市場があるユーグレナモール(旧あやぱにモール)で
石垣市公認キャラ「ぱいーぐる」に会いました。案外小柄です。
空港のぱいーぐるはこちら
ぱいーぐるinユーグレナ
県産品奨励月間のイベント だったようです。
スポンサーサイト

デイゴの種

デイゴ種1
竹富島の世持御嶽の白砂の上に、何やら怪しげな物体がたくさん落ちていて
見上げるとこの通り。デイゴの種がたわわに。
竹富島デイゴ再生プロジエクトの成果が、この種ですね。しみじみ。
デイゴの花はこちら
デイゴ種2
サヤの中にはスベスベと美しい種が。

旧与那国家住宅 国指定重要文化財

旧与那国家住宅
竹富島の伝統的な屋敷形態を残す 旧与那国家住宅 は 島ではマイユヌンニャ(前与那国屋)と呼ばれています 。
アイノタ(東集落)にあります。
大正2年に建てられたフーヤ(主屋)を元に
2003年から島の大工さんを中心に、皆さんの手で修理・整備し、2006年3月に落成。
この画像は、マイヤシと呼ばれるヒンプンを左側から入った、フーヤ(主屋)の景色。
他にトーラ(炊事棟)、ジージョン(拝所)、豚小屋、フクギの防風林、グック(サンゴ石でできた石垣)で構成され、
本来の竹富島の赤瓦建築やと生活様式を観ることができます。
旧与那国家住宅一番座
一番座には、うつぐみの掛け軸が。
2007年12月4日、国の重要文化財として指定を受けました。
外部リンク:文化遺産オンライン
まっちゃんおばぁ
この日、マイユヌンニャを案内してくださった、まっちゃんおばあは島の語り部。
おばぁの作ってくれたハイビスカスティーは、甘さほどよくとても美味。
この日も、ご好意に甘えてちゃっかり頂戴してしまいました。
ごちそうさまでした。

アダン葉帽子〜ボウシクマー

アダン葉帽子
沖縄の伝統的な民具、アダンの葉で作られた帽子です。正真正銘すべて手作り。
昨年、竹富島 NPOたきどぅんが主催するワークショップ、ボウシクマー から、
試作を繰り返しついに完成した スタッフKちゃん作の至高の逸品。
驚くほど軽くて、涼やか。
島自生のアダンで作った、手作りならではの美しい光沢にも心癒やされますね。
こちらを見て、どれだけ大変か、ざっくり理解できました。
トゲだらけのアダンの葉は、採取するのも一苦労。
で、トゲを取って、裂いて、茹でて乾かして、また裂いて、そこでようやく「編む」作業がはじめられる訳ですね。。
気が遠くなる作業(@_@;) プライスレス。。
明治時代、ボーシクマーと呼ばれる帽子職人が作るアダン葉帽子は、沖縄県のひとつの大きな産業だったそうです。
そんな技術が失われては、いかん。

小浜島 はいむるぶしの水牛

水牛とスイレン
小浜島の老舗ホテルはいむるぶしは、生き物がノビノビ暮らしています。
池には睡蓮の花が鮮やかに。

関西空港から2時間半で新石垣空港!

LCCピーチ
今、LCCのPeachが、関西空港から石垣島の直行便を運航しています。早い、安い!
そのせいか、ホテルも満室が続いているようです。
本土と八重山がぐっと近くなって来ました。
この画像は関西空港の第二ターミナルです。八重山にGO!

竹富島グラスボート南西観光

ホエールキング
竹富島、グラスボートの老舗、ベテランスタッフがご案内する「南西観光」
このたび、facebookサイトを立ち上げました。是非御覧ください。

Top

HOME

colorfuldesk

Author:colorfuldesk
沖縄本島から470km南。日本最南端の八重山諸島。

画像は、地元の方々などのご協力で撮影できたものです。
画像、イラスト、ロゴマークの無断転載を固く禁じます。著作権は、全てカラフルデスクに帰属します。

過去の画像ダイジェスト版。
・FAVORITE vol.1
・FAVORITE vol.2


竹富島「南西観光}
竹富島港出発のグラスボートです。
サンゴの森をのぞいてみよう!





南ぬ島石垣空港にて
八重山COLORSグッズ好評販売中です。





東北三陸漁業復興支援チャリティープロジェクト

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。