八重山COLORS

八重山諸島の、見たり聞いたり録。と、オリジナルグッズ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

干潟のマテリアル 

コメツキガニのあと
干潟の砂地に一面に広がるこのテクスチャーの作者はミナミコメツキガニ。歩きながら砂泥を口に投入、小さな生き物を食べた後残った砂を団子にして落として歩いた後の模様です。
団子1個の大きさはほぼ均等なので「規則性のある無作為」。有機的でおもしろい立体感。
潮が満ちると消えてしまう「小さくて広大な芸術」を惜しむのは、心狭い人間だけかな。

« 竹富島醤油(テードゥンヒタティ)とカイダー字|Top|ミニわんこ made by ちゃあさん »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://colorfuldesk.blog65.fc2.com/tb.php/238-89e79fa1

Top

HOME

colorfuldesk

Author:colorfuldesk
沖縄本島から470km南。日本最南端の八重山諸島。

画像は、地元の方々などのご協力で撮影できたものです。
画像、イラスト、ロゴマークの無断転載を固く禁じます。著作権は、全てカラフルデスクに帰属します。

過去の画像ダイジェスト版。
・FAVORITE vol.1
・FAVORITE vol.2


竹富島「南西観光}
竹富島港出発のグラスボートです。
サンゴの森をのぞいてみよう!





南ぬ島石垣空港にて
八重山COLORSグッズ好評販売中です。





東北三陸漁業復興支援チャリティープロジェクト

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。