八重山COLORS

八重山諸島の、見たり聞いたり録。と、オリジナルグッズ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アオムネスジタマムシ と本土のタマムシ2種

アオムネスジタマムシ2
竹富島の薮で見つけた愛らしい昆虫。後で調べてみるとアオムネスジタマムシ。
なるほど、そう言われればタマムシの形状。
触覚触角が1本ちぎれている。いろいろあったんでしょうね。。
この子にそっくりなアヤムネスジタマムシというのも存在するらしいのですが
モモタマナの葉っぱについているのでアオムネなんじゃないかと思うのです。。
アオムネスジタマムシ3
今どき流行の霜降りカラー、都会的でクールな素材感。なかなか上級なお洒落だわ。
いわゆるメジャーなタマムシ↓はヤマトタマムシと言うんだそうで、基本形は同じだけど瞳大きくて愛嬌があります。
波形の足はヤマトの尖った足とちがいますね。太いし吸盤でもついてるんかな。
アオムネスジタマムシ1
かわいいのでもう一枚。
このモモタマナの葉、この子一人で食べたんでしょうかね。
ヤマトタマムシ
こちらは以前mixiに載せた「玉虫厨子」のヤマトタマムシの亡骸。
昨年10月に岐阜県のベランダで発見したのですが未だ捨てられず、
我がPCのたもとで輝いています。
この輝きは八重山のナナホシキンカメと同様に、鳥が嫌うツールなんだそうですが、
それを思うとアオムネの「もげた触覚触角」がつらいじゃない。
ウバタマムシ
oochanブログクローズUP撮影日記のブログオーナーwakasamaさんから送って頂いた画像です。
ウバタマムシという、ヤマトと同じく内地のタマムシなんだそうです。渋いですね~。信州産ですかね?
タマムシのヘビメタ?或は粋な絣を着こなした姐さんのようでもあり。
タマムシのファッションは三者三様、皆さんなかなか大したもんです。
私は↑のヤマトでさえ昨年初めての出会いだったので
こんなレアなタマムシは知りませんでした。
Special thanks wakasamaさん。

« サガリバナ2011|Top|比嘉荘レシピ グルクン稚魚の素揚げ »

コメント

お洒落なタマムシですね♪

アオムネスジタマムシ・・・初めて見ました!!
南方では、本土にはいない珍しい虫がいますね♪
本土には代表的なヤマトタマムシ以外にもウバタマムシがいます。
虫の世界も多様で面白いですよ♪
※ 触覚→触角 です。

Re: お洒落なタマムシですね♪

wakasamaさん>
コメントありがとうございます。
確かに!触角でした。笑
ウバタマムシ、早速調べました。
色が違うだけで随分ヤマトとは違う、ブラックな印象。
昆虫のファッションも興味深いものがありますね。
今回の八重山行きは、うちのツチイナゴの生まれ変わりか?というタイミングで
たくさんのイナゴに遭遇しました。
ボチボチアップして行きますのでお楽しみに!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://colorfuldesk.blog65.fc2.com/tb.php/377-e976fb55

Top

HOME

colorfuldesk

Author:colorfuldesk
沖縄本島から470km南。日本最南端の八重山諸島。

画像は、地元の方々などのご協力で撮影できたものです。
画像、イラスト、ロゴマークの無断転載を固く禁じます。著作権は、全てカラフルデスクに帰属します。

過去の画像ダイジェスト版。
・FAVORITE vol.1
・FAVORITE vol.2


竹富島「南西観光}
竹富島港出発のグラスボートです。
サンゴの森をのぞいてみよう!





南ぬ島石垣空港にて
八重山COLORSグッズ好評販売中です。





東北三陸漁業復興支援チャリティープロジェクト

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。