FC2ブログ

八重山COLORS

八重山諸島の、見たり聞いたり録。と、オリジナルグッズ。

ホオグロヤモリ

石垣ヤモリ1
八重山のどこでも見られるホオグロヤモリ
こちらは石垣島の居酒屋さんの店先。捕食中、モグモグ。
この時ばかりは、殆ど鳴かない。
石垣ヤモリ2
灯りに虫が集まるので、こんなふうに待ち構えています。
意識が狩りに集中しているので、警戒心も弱く。

ホオグロヤモリ1  ホオグロヤモリ2

石垣島 730(ナナサンマル)交差点

730_1
1972年沖縄本土復帰の6年後、
1978年7月30日午前6時に自動車の対面交通が右側通行から左側通行へ一斉に切り替えられました。
そのキャンペーンの名前が「730(ナンサンマル)」。石垣島で一番にぎやかな交差点には記念碑が設置され、「730交差点」と呼ばれています。
730_2
シーサーの後ろに回ってみると、こんな感じ。
730_3
シーサーが交通安全を見守ってるのがわかりますね。

信号が止まった。

信号止まる
6月20日だったと思う。台風5号の影響で八重山は大荒れ。石垣島から離島への船も全部ストップ。
そうこうしているうちに雷が鳴り、信号が停電!
目が点になる私をよそ目に、皆さん慌てず騒がず、譲り合って問題なく交差点を通過しました。
慣れてる。。

シロハラクイナの事故 生き物に注意!!

クイナ轢死1
石垣島。長い雨がようやくやむと、あちらこちらから生き物が大喜びで出てきます。

クイナ轢死2
シロハラクイナは、一旦出てくると後戻りしません。できません。

クイナ轢死3
どんなに見通しが良くてもスピードを出すなら、乗るな。
せめて車止めて謝りなよ、この子に。


アセロラの花と実

アセロラ花
石垣島 アセロラの花 可憐。
アセロラ実
たわわに実ってました。土の上にもポロポロ落ちて。

旧石垣離島桟橋

旧離島桟橋
ちょっと前までここが石垣島離島桟橋でした。
船のやかましい音と雑然としながらもアジアっぽい雰囲気が思い出され、懐かしいです。
イーストチャイナシー
上の画像はいつも利用する、お気に入りのホテルイーストチャイナシーの窓から撮影。
パシフィックオーシャンを見下ろすイーストチャイナシーです。
部屋の雰囲気もいいし、全室オーシャンビューなのがうれしい。
買い物に行くにも、離島に移動するのも、とにかく便利で心地よいホテルです。

台湾からのフェリー

台湾フェリー
石垣島の港あたりを行くと、あまりに巨大なフェリーが!
ビルかと思うほど大きい。
台湾からなんだそうですよ。マックスバリューとかで食品をたくさん買って帰られるとか。

石垣島 とうふの比嘉の「ゆし豆腐」

ひがとうふ3
石垣島「とうふの比嘉」のゆし豆腐定食。美味い!
豆腐工場で食べるからできたてで豆腐の旨味を存分に堪能できます。豆乳つき。
内地ではまず食べられない美味さなので、石垣島に行ったなら無理してでも行ってください。
個人的には週2回通いたい。
見た目、白、白なてんこもり定食なので全部食べられるか?と思いますが
味が絶妙なので難なくペロリと平らげてしまいました。
ひがとうふ4
こちらは「ゆし豆腐そば」
ひがとうふ1
さとうきび畑の中にあるお店は、オープンテラス。
テレビがあったりして、地元向けのお店です。
ひがとうふ2
この看板が目印です。

ミニわんこ made by ちゃあさん

ちゃあさん
画像は石垣島のちゃあさん作オーダーメイドの「ミニわんこ」です。
ひとつひとつがオーダーメイドで、画像は我が家のわんこタロと友人のわんこマックス。
息子の受験用にと「満願成就 開運ダルマ」がついています。合格の暁にはめ込む「目」も送って頂いてます。

もともとがハワイアンキルトの先生だったちゃあさんの作るわんこは「プロが作る丁寧な仕事」に加えて「家族を持つ人としての暖かさ」が滲み出てくるわんこたちです。
ブログ「うみべのいえ」を見ていると、自分も日常を大切に暮らしたくなります。
我が家でもタロのミニわんこが来た時は、いつものしらっと感はどこへやら、家族が皆大喜び。こんなに全員が盛り上がるのって久しぶりで、今ではすっかり家族の宝物となりました。
私自身もこんなに幸せな感情になるなんて予想外な驚きで、メンタル効果で若返り~!

ミニわんこだけでなく、体温さえ感じるメモリアルドッグもオーダーできます。これまた完成度高く、必見。
八重山には、こんな素敵な作家さんがおられます。


米子焼工房 石垣島

米子焼1
石垣島の米原にある米子焼工房。独創的でパワフルなシーサーは一度見たら忘れられない。
工房の前には、何かのアトラクションのように巨大なシーサー?オブジェ?が林立していて圧巻です。その空気に飲み込まれます。
米子焼2
県外からの若いスタッフも多いみたい。「ここで働きたい!」という気持ちになるのはわかる気がする。
ポストまで作品の一部になってます。

琉球藍 染色ギャラリー草

琉球藍
OKさんに連れられて、石垣島の染色ギャラリー草さんへ。
ただいま発酵中の琉球藍。いい感じで泡が出ています。自然の香りっていいですね。
隣接するショップで、商品を買う事もできます。
草看板
離島ターミナルから白保方面に向かう道沿いにあります。

グァバ

グァバ
グァバの実
蕃爽麗茶の蕃です。葉っぱに血糖値を下げるポリフェノールが多く含まれるそうで。
八重山では庭木によく植えられています。
今夏グァバの実、豊作みたい。

ランタナ

ランタナ
八重山で自生するランタナ。
竹富島で黒牛の放牧をされているM氏は「あっちにもこっちにも生えるけど、牛は食べないしトゲがあって抜きにくいし、どうにもならんさー」とため息。牧草地ではまるで美観のために植えられたかのように、元気に花を咲かせているけれど、そういう理由でランタナだけが残っていたんですね。
在来種を圧倒するほどの勢いなんだそうです。
鳥が実を食べて種を落として行くらしいですが、反面、ほ乳類には有毒なんだそうで、牛はそれを察知できるんですね。
それでも蕾も折紙のようで、開花後も花の色を変えていく様は、通りすがりの旅行者には「とってもかわいいお花」の印象。
ツマグロヒョウモン
そんなランタナを撮影中、いきなりツマグロヒョウモンがいきなり現れました。
それくらい蝶が多い八重山です。驚いてピンボケ。

シーサー 舟蔵の里

舟蔵の里のシーサー
石垣島、舟蔵の里の庭にて。
オオタニワタリとトラノオがよく似合う。
長命草を練り込んだ草色のザルソバを頂きました。ツルンツルンと喉越しがよくて美味しかった。

南島焼工房の2匹

じんくん
南島焼工房は人気の陶芸工房。OKさんに便乗訪問させていただいて、緑に囲まれた素敵なお庭で幸せそうな2匹の番犬に出会いました。
これはじんくん♂、4歳くらいでしたか?ヒカゲヘゴを通る涼風にちょっと眠そう。
悲しい境遇だった所、こちらに引き取られ今はとても居心地よさそうです。それでも昔のトラウマをまだ少しひきずっている所もあるそうで。
ダンボちゃん
こちらはダンボちゃん♀、14歳。
歳をとっているだけに歩くのも大変そうですが、2匹で出迎えてくれる時は元気一杯14歳には見えません。時折じんくんの顔を愛おしく舐める姿は、母親のようで見ていて暖かい気持ちにさせられました。優しい笑顔。
お忙しい所、突然の訪問に快く応じてくださったNさん、ありがとうございました。
OKさんもありがとう。

プルメリア

プルメリア2
「プルメリアはハワイ」というイメージがあったので、八重山のプルメリアは撮らなかったのですが、あんまりきれいに咲いていたので、つい。。。
石垣島のユイロード近くの鉢植え。。甘い香りに誘われて、ふらっと撮ってしまいました。
プルメリア2
めしべとおしべがないのは、なぜなんでしょう??

クバ (ビロウ)

クバ
団扇の葉っぱ、クバ。こんなピカピカな実がなるんですね。ネックレスの束のようだ。
葉っぱの向こうはチサンリゾートホテル。そう、ここは730交差点あたり。街路樹のクバなのです。

不明の花2つ

不明花1
上も下もバンナ森林公園に咲いていました。
どちらも印象的なんですが、花の名前がわからなくて。。
不明花2

« Prev|Top|Next »

HOME

colorfuldesk

Author:colorfuldesk
沖縄本島から470km南。日本最南端の八重山諸島。

画像は、地元の方々などのご協力で撮影できたものです。
画像、イラスト、ロゴマークの無断転載を固く禁じます。著作権は、全てカラフルデスクに帰属します。

過去の画像ダイジェスト版。
・FAVORITE vol.1
・FAVORITE vol.2


竹富島「南西観光}
竹富島港出発のグラスボートです。
サンゴの森をのぞいてみよう!





南ぬ島石垣空港にて
八重山COLORSグッズ好評販売中です。





東北三陸漁業復興支援チャリティープロジェクト

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー