八重山COLORS

八重山諸島の、見たり聞いたり録。と、オリジナルグッズ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹富島 晴れ

竹富島晴れ
竹富島晴れ 集落内は帽子が必需品です。

石垣島発着、八重山ヨットセーリング

石垣島 浜崎マリーナ発着で八重山ヨットセーリングがはじまりました!
八重山ヨット・セーリングのFacebookはこちら
風と波の音が心地よく、日常を忘れさせてくれます(^_^)v
ヨットセーリング
デイタイム と 夕日〜星空のサンセット があります。
詳しくは、080-6487-7881まで。
当日でも乗れるかも。まずはお問い合わせください とのことです。
タイマイ7
大型のタイマイ7世
ファルコン
こちらは競艇用のファルコン
どちらも、ヨット歴35年、ベテランの船長がご案内します

ミンサーTシャツ

ミンサーT黒
八重山COLORSのロングセラー、ミンサーTシャツです。
杢グレーや、長袖もラインナップ。
石垣空港、離島ターミナルの「島土産」で販売中です。
着やすい柄なので、日常のアイテムとして着倒してください。

竹富島 カイジのガジュマル

ガジュ1
カイジ浜の蔵元跡をちょっと入ると、このガジュマルがあります。
何年経っても、オオタニワタリやパパイヤと仲良く暮らしていて、蝶が遊びにやってきます。
大好きな樹です。
ガジュマルカイジ2016
2009年の画像はこちら。変わらないです。
ガジュ2
その奥にもう一本、同い年くらいのが並んでいます。

月桃2016

月桃2016
石垣島 月桃の季節です
月桃2016_2
竹富島の月桃畑?でしょうか。ぎゅうぎゅう。
八重山の月桃、くわしくはこちらを御覧ください

竹富島 イシガケチョウ

イシガケチョウ2
今、竹富島ではイシガケチョウがたくさん飛んでいます。
ようやく、くっきり撮影できました。シックですねぇ。
八重山の蝶画像もようやく27枚目!まだまだ八重山にはたくさんの蝶が暮らしています。

開かずに咲くハイビスカス

開かないハイビスカス1
ウナヅキヒメフヨウというハイビスカスの仲間です。
ハワイでは、スリーピングハイビスカスとも呼ばれているそうで。。
これで開花の状態。開かなくても、その色で充分華やか。
ほとんど一年中、竹富島の集落の中で見かけることができます。
開かないハイビスカス2
メキシコあたりがふるさとみたいですね。

クワズイモ

自転車とクワズイモ
竹富島のクワズイモ
ンブフルの丘の辺りです。自転車の車輪よりでかい葉っぱののびやかさは圧巻で、笑ってしまうほど。
クワズイモの花
クワズイモの実

竹富島のもずく

竹富島もずく
竹富島産もずくです。竹富島かりゆし館で好評販売中。
八重山のどの島でも、収穫→塩漬けの作業に追われる季節がやってきました。
20分ほど塩抜きして、おろしニンニクと甘酢でたっぷり食べちゃってください。
あとはお味噌汁の具や、かき揚げも美味です。

竹富島 ナージカー(仲筋井戸)

ナージカー3
竹富島 アイノタ(東集落)とナージ(仲筋集落)の間にある、大きな井戸、ナージカー。
1976年(昭和51年)に海底送水が引かれるまでは、子どもたちの毎朝の仕事は水汲みで始まったそうです。
飲料水としても欠かせない、命を守る大切な存在でした。
ナージカー2
琉球石灰岩で積まれています。
水も今はすっかり淀んでいます。
ナージカー1
竹富島の集落内にはまだ小さな井戸が所々に残っています。
竹富島で初めて発見された井戸、花城井戸(ハナックンガー)はこちら

ユーグレナバー

ユーグレナバー
石垣空港で入手した、ユーグレナバー。by ユーグレナファーム
東京大学の研究室で生まれた、元気なミドリムシの会社が今石垣島にできて数年。
石垣島の商店街「あやぱにモール」も数年前に「ユーグレナモール」に改名されています。

体にとてもいいミドリムシ。でも味は。。あはは。。
飲料をはじめ、他にもいろいろ商品がラインナップされていますが
どれが一番おいしいんでしょう。追々試していきましょうね。
ちょっとお高めは仕方がない?

竹富島 西桟橋 干潮

西桟橋2016_3
少し曇ってましたが、さすがは西桟橋。今日も大いなるロケーションを見せてくれます。

一昔前まで、竹富島の玄関として活躍していた西桟橋。
ここからサバニに乗って、由布島まで牛を連れて米作に通っていました。
小浜島と西表島の境のヨナラ水道は深く、水流も激しいので一番の危険ポイントだったようで
Tさんは、少年時代、サバニが転覆して、命からがら小浜島に泳ぎ着いたそうです。
その頃のヨナラ水道はマンタだらけだった時代。
八重山の人々が汗を流しながら、自然と闘いながら日常を突き進んでいた様子を思い浮かべます。

西桟橋2016_1
風が強く、空の表情が刻々と変化。
水平線が少し斜めになってしまいました(^_^;)
西桟橋2016_2
そろそろモズクの季節です。観光客らしき人がウエットスーツでモズク採ってます。
竹富島的にはNGなんですけど。。(-_-;)
竹富港のかりゆし館で、塩漬けモズク好評販売中なので、そちらをご購入くださいませ。m(__)m

小浜島の白いシーサー阿吽

小浜白シーサー阿吽
小浜島の集落の中の白いシーサー阿吽。
最近、八重山ではこんな若い感覚のシーサーが増殖中です。

具志堅さんの銅像

具志堅銅像
石垣島の離島ターミナルに設置されている、具志堅さんの銅像。
記念写真スポットです。地元ヒーローですもんね。
石垣島には 具志堅用高記念館 もありますよ〜。

オオバイヌビワ

オオバイヌビワ
西表島には多くのイヌビワが生息していますが、
オオバイヌビワは樹高もあり、葉も大きいのでボリュームがあるので、わざわざ探さなくてもよく見かけることができます。
力強い葉脈と深い緑の葉は、個人的に大好きです。
果実をめざして、ヤエヤマオオコウモリもやってきたりする木です。
運がよければ、ぶら下がってるかも。
クワ科イチジク属。ガジュマルオオイタビギランイヌビワも仲間です。

« Prev|Top|Next »

HOME

colorfuldesk

Author:colorfuldesk
沖縄本島から470km南。日本最南端の八重山諸島。

画像は、地元の方々などのご協力で撮影できたものです。
画像、イラスト、ロゴマークの無断転載を固く禁じます。著作権は、全てカラフルデスクに帰属します。

過去の画像ダイジェスト版。
・FAVORITE vol.1
・FAVORITE vol.2


竹富島「南西観光}
竹富島港出発のグラスボートです。
サンゴの森をのぞいてみよう!





南ぬ島石垣空港にて
八重山COLORSグッズ好評販売中です。





東北三陸漁業復興支援チャリティープロジェクト

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。